野江・関目の歯科・歯医者なら、ばんどう歯科・矯正歯科

電話予約
WEB予約

コラム

コラム COLUMN

小児歯科に通い始めるタイミング

皆さんこんにちは。

大阪市城東区のばんどう歯科・矯正歯科です。

 

成長期の子どもは、身体はもちろんのこと、口腔内も日々大きく変化していきます。

 

そんな中で、親御さまはお子さまのお口に関する悩みを絶えないことかと思います。

 

そこで頼りになるのが
子どもの歯科治療を専門に行う診療科
です。

 

今回はそんな小児歯科に通い始める時期についてわかりやすく解説します。

 

厳密には決まっていない?

小児歯科に通い始める時期は、厳密に決まっているものではありません。

 

当院でも、幅広い年齢のお子さまの診療に対応しております。

 

極端な話、ゼロ歳から通院を始めても何ら問題はないのです。

 

3歳くらいがひとつの目安

子どもの歯である乳歯は、3歳くらいで一通り生えそろいます。

 

そのくらいの時期に一度、受診していだたくことで、今ある問題や今後予想される歯並びの異常などもチェックすることができます。

 

不安なことがあればすぐに受診を

例えば、「乳歯がなかなか生えてこない」「生えたばかりの歯がむし歯になってしまった」など、不安に感じる点があればいつでも3丁目デンタルオフィスの小児歯科までお越しください。

 

乳歯の虫歯は進行が早いですし、放置すると永久歯の発育に影響を及ぼすこともあります。

 

歯の生えてくる時期についても、専門家でなければ正確に診断できませんので、心配になった時点で小児歯科を受診することをおすすめします。

 

歯科検診で異常を指摘されたら

1歳6ヶ月児検診や3歳検診、あるいは学校歯科検診などで何らかの異常を指摘されたら、それもまた小児歯科に通い始めるベストなタイミングといえます。

 

精密検査や具体的な治療が必要であれば、当院で実施いたします。

 

まとめ

このように、小児歯科は何歳から通うべきもの、という決まりはありませんので、お子さまのお口で異常が認められたら受診を開始しましょう。

 

低年齢で検診などを受けておけば、歯医者さんに慣れるのも早くなりますよ。

 

いきなり虫歯治療などから始めると、歯医者さん嫌いになりやすいため要注意です。