野江・関目の歯科・歯医者なら、ばんどう歯科・矯正歯科

電話予約
WEB予約

コラム

コラム COLUMN

歯の黄ばみはホワイトニングで改善

皆さんこんにちは。

大阪市城東区のばんどう歯科・矯正歯科です。

 

当院では、歯をきれいにする処置として、ホワイトニングとクリーニングの両方に対応しております。

 

それぞれ治療によって得られる効果が大きく異なるため、ケースによって最適な方法も変わってきます。

 

そこで今回は、ホワイトニングとクリーニングの違いをかんたんにご説明します。

 

ホワイトニングは「歯の漂白処置」

ホワイトニングは、過酸化水素や過酸化尿素からなる薬剤を使って、歯を漂白する処置です。

 

いわゆる選択の漂白剤とほぼ同じものと考えていただいて問題はありません。

 

歯の内部にまで沈着した汚れをホワイトニング剤によって分解、除去するのがホワイトニングの主な作用です。

 

つまり、日々のブラッシングや歯のクリーニングでは落とすことの難しい、しつこい着色汚れにはホワイトニングが最適といえます。

 

クリーニングは「歯の清掃」

クリーニングは、専門家による機械的な歯の清掃、と呼ばれるように、あくまで歯の表面のお掃除にとどまります。

 

歯の表面に付着したステインを取り除き、歯の黄ばみを改善します。

 

ホワイトニングのような漂白作用は期待できないことから、比較的軽度の着色にしか対応できません。

 

併用すると効果も高まる

ホワイトニングとクリーニングは、どちらかひとつを選ばなければならないというわけではありません。

 

そもそも期待できる効果が異なるので、必要に応じて使い分ける、あるいは併用することで相乗効果を得るのもひとつの選択といえます。

 

ちなみに、クリーニングには着色汚れを取り除く他に、歯垢やバイオフィルムの除去によるむし歯、歯周病予防効果も期待できます。

 

まとめ

このように、ホワイトニングとクリーニングは一見すると同じような処置に思えますが、期待できる効果は大きく異なります。

 

健康面と審美面の両方を高めていきたいのであれば、ホワイトニングとクリーニングを併用することをおすすめします。