野江・関目の歯科・歯医者なら、ばんどう歯科・矯正歯科

電話予約
WEB予約

コラム

コラム COLUMN

矯正治療中の食事制限は?おすすめの食べものは?

皆さんこんにちは。
 
大阪市城東区のばんどう歯科・矯正歯科です。
 
 
矯正治療中は、食事制限をしないといけないのでは?と疑問ですよね。
 
基本的には、いつも通りの食事で構いませんが、装置によっては、避けるべきものもあるので注意が必要です。
 
矯正治療をしている、これからしたい方に、矯正治療中のおすすめの食べものをご紹介します。
 
 

矯正治療中は食事制限はあるの?

矯正治療しているからといって、食べてはいけないものはないです。
 
しかし、矯正治療中は歯に力がかかるため、一時的に歯に違和感があり、硬い物を食べにくくなる方もいます。
 
他には、顎を広げる装置やワイヤーの装置など、固定式の装置を使用していると、食べものがひっかかりやすくなるので注意が必要です。
 
 

固定式の矯正装置の場合に気をつけたいこと

食べる際に注意したほうがいいものを見ていきましょう。
 
硬いもの
 
歯についている装置(ブラケット)は、瞬間的な強い力がかかると取れる可能性があります。
 
前歯で勢いよく、せんべいやりんごをガブッとまるかじりすることはやめましょう。
 
あめや氷をバリバリと噛んで食べるのも避ける方がいいですね。
 
 
粘着性のあるもの
 
ガムやお餅、キャラメルなど、歯にくっつくものは避けましょう。
 
矯正装置にからみつき、取り除くのが大変になります。
 
一口サイズに細かくカットしてから食べましょう。
 
 
着色しやすいもの
 
カレーやコーヒーなど着色しやすい飲食物は、矯正装置にも着色する可能性があります。
 
せっかく目立ちにくい白い矯正装置をつけていても、着色すると目立ってしまいますよね。
 
食べた後は、すぐに歯磨きをしましょう。
 
 
麺類など長さのある食べもの
 
上顎に矯正装置をつけている場合、ラーメンやうどんなどの麺類を長いまま吸い込むと、絡まって喉に詰まる可能性があります。
 
また、ほうれんそうやネギなどを細かく切らないで食べると、装置の間に絡まってしまい、取り除くのが大変です。
 
なるべく、細かくカットして調理しましょう。
 
 

矯正を始めたばかりの時期におすすめのメニュー

矯正スタート時やワイヤー交換後の数日は、痛みがあり食事がしにくい方もいます。
 

  • 雑炊
  • 茶碗蒸し
  • シチュー
  • ミネストローネ
  • ポテトサラダ
  • ミックスジュース
  • ヨーグルト

 
このように、できるだけ柔らかくてあまり噛まなくても食べられそうな食べものがおすすめです。
 
ばんどう歯科・矯正歯科は、ワイヤー矯正、マウスピース矯正など多くの装置を取り揃えています。
あなたに合う矯正装置がきっと見つかると思いますので、ご相談ください。