野江・関目の歯科・歯医者なら、ばんどう歯科・矯正歯科

電話予約
WEB予約

小児歯科

小児歯科 pediatrics

お子様が一生健康な歯で過ごすために

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中は、ほぼ無菌状態です。それにもかかわらず、乳幼児のお口の中にはむし歯菌が棲みつくようになってしまいます。

実はむし歯とは、むし歯菌による細菌感染症なのです。乳幼児がむし歯菌に感染する経路で多いのは、親御様など身近なご家族です。キスや食べ物の口移し、食器の共用などを通じて、むし歯菌が感染していきます。

この感染が起こるのは、1歳半から2歳半の乳歯が生えてくる時期からです。この時期に感染に注意すれば、お子様へのむし歯菌の感染リスクを大きく減らすことが可能です。 また、最初の乳歯が生えてくる生後6ヶ月ごろに歯医者さんデビューをしておくと、まだ人見知りも少なく、歯医者さんに慣れやすいため、お口のトラブルが起きた時に困らなくて済みます。

子どものむし歯の特徴

乳歯は永久歯に比べて、歯の表面を覆うエナメル質が半分程度の厚みしかないため、むし歯が早く進行します。また、子どものむし歯は「急性う蝕」といって大人のように変色せず、子どものむし歯は神経のギリギリまで進行しても痛みを感じにくいため、気づいたら進行していることがあります。

乳歯の神経までむし歯菌が達してしまうと、歯根の先の膿で永久歯が変色したり、歯並びを悪くしたりするため、神経を取って歯根の治療をしなくてはなりません。神経がない乳歯は生え変わる時に抜けないことがあるので、抜歯が必要な場合もあります。 乳歯は歯のすり減りが早いため、詰め物をしてもすぐ浮いてきて剥がれてしまいます。また、生え変わる際に乳歯の根は溶かされて短くなるため、歯根の治療がしづらくなります。そのため乳歯の治療は難しく、治療のために歯を削ると再治療の可能性が高くなります。

子どものむし歯予防

フッ素塗布

むし歯の予防で一般的なのは、歯の表面にフッ素を塗布することです。

フッ素塗布の効果は約3か月続くため、定期的に受けることをおすすめします。とくに生えたばかりの乳歯や永久歯は、表面が柔らかくてむし歯になりやすいため、フッ素塗布が力を発揮します。

フッ素塗布のメリットは、酸で溶けにくい「強い歯質を作る」こと、食後にお口の中が酸性に傾いて、歯の表面が溶ける「脱灰(だっかい)」の状態を修復する「再石灰化」を促すこと、むし歯菌を弱体化させ、産生する酸の量を減らすことなどが挙げられます。 歯が生え始めたばかりの赤ちゃんから、大人の方まで効果のあるむし歯の予防法ですので、ご家族で行うことをおすすめします。

シーラント

シーラント処置も、フッ素塗布に次いでポピュラーなむし歯の予防法で、保険適用で行えます。奥歯はブラッシングしづらくむし歯になりやすいため、奥歯の溝をレジンなどのプラスチック樹脂で埋めることで、奥歯の溝に汚れが着かないようにしてむし歯を防ぎます。

また、シーラントにはフッ素が含まれているため、歯の表面を強化する効果も期待でき、歯を削らずに治療ができることが魅力です。

シーラント処置をするのは、主に生えて間もなく、まだ歯質の弱い「6歳臼歯」や、歯磨きがしづらい乳歯の奥歯です。 歯は唾液に含まれるカルシウムなどを吸収して強くなっていくので、それまでの間むし歯にならないように、シーラント処置をして歯を守りのが効果的です。